浄土宗 槃舟山易往院願生寺

お知らせ

  • HOME
  • お知らせ
  • 【牛供養法要インタビュー】株式会社カルネヴァーレ様

お知らせ

【牛供養法要インタビュー】株式会社カルネヴァーレ様

2021.01.14

株式会社カルネヴァーレ(焼肉KINTAN)


所在地: 東京都目黒区中目黒1-1-71 KN代官山 2F
設立: 2006年7月
代表者: 代表取締役社長 鳴坂 竜一
企業概要: 焼肉KINTANの経営をはじめとしたレストラン事業を展開。
URL:https://kintan.restaurant/

日々の商売を成り立たせてくれる牛へ感謝の念を示すことができたとともに、命をいただくことについて考えるきっかけになりました。
今回は株式会社カルネヴァーレ様が牛供養法要行う経緯などをご紹介いたします。

《牛供養法要を行うと思ったきっかけ》

弊社には三方良しという会社理念があります。日々商売ができるのは、お客様や従業員、そして取引先様のご支援があって始めて会社が成長できるのだと考えております。
牛肉や豚肉、鶏肉があっての商売です。
その畜肉としていただく牛や豚や鶏を供養することはできないかと、(できれば都内でどこかないか?)インターネットで探して、もしかしたらと思って願生寺様に連絡しました。

《牛供養法要を行うと思ったきっかけ》

弊社は都内と横浜で焼肉店を中心とした牛肉のレストランを19店舗経営しております。毎日たくさんのお肉を提供し、お客様に喜んでいただいております。我々の商売が成り立っているのは牛肉のおかげであり、その命をありがたくいただいているからです。
我々が日々商売できることを深く感謝し、供養したいという思いから法要を行いたいと思うようになりました。

《牛供養法要の感想》

普段は中々こうしたきっかけでもない限り、生き物に対する感謝の気持ちや有難いという想いを形として残す事ができません。日々の商売への感謝だけなく、私達が生きていく上で生き物を殺生し、その命をいただくということに対する考えを改めて深く考えさせていただきまして良い経験になりました。

過去のお知らせ一覧